×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日用品通販 情報袋 RSS

ダイヤピアス 情報袋



鑑別書についてのご紹介


通販やテレビショッピングで『鑑別付き』の単語/言葉を見かけます。
この違いご存知ですか?以外と知っているようで理解していないものです。そして、いざ調べようと思うと、的を得た応えがなかなか見つけられないものです。このページでは、ダイヤモンドジュエリーの鑑別書について、簡潔にまとめました。


      
ダイヤピアスの鑑定書


ダイヤピアスの鑑別書

鑑別書は、宝石(≒ここではダイヤ)を評価する方法をレポートという形で評価結果を示したものです。これは専門の第三者機関といわれる、いわゆる鑑別機関が販売店や業者などから、宝石の鑑別依頼を受けて評価をしていきます。

そしてこの鑑別書を英語にすると『ダイヤモンド・グレーディング・レポート」と呼びます。そのジュエリーに付随しているダイヤモンド宝石などについての質のレベルを判定する機関とお考えいただければ幸いです。
      
 
ダイヤのグレード

一般にグレードはには4C呼ばれています。4Cは、カラー/クラリティー/カット/カラットで表現されます。これら4Cの基準からグレード/ランク別けした結果を示す書類となります。

 
4Cについて:

詳しくは以下リンクをご参照ください。


 カラー(Color)

無色がもっとも人気で高価です。黄茶色になっていくにつれてグレードランクが下がります。


 クラリティ(Clarity)

ダイヤモンドの透明度(クラリティ)を示します。キズなどをチェックする項目です。


 カット(Cut)

ダイヤモンドの形状を示します。カット方法で輝き方も変わってきますのでとても大切な項目です。


 カラット/キャラット(Carat)

ダイヤモンド1粒の重さ/重量を示します。重くなるにつれて、高価なダイヤモンドとなります。


上記が代表的な判定基準です。それぞれの第三者鑑別機関でそれぞれ会社ごとに独自の鑑定基準を設けての判定となりますので、商品ご購入後にご確認いただけます。




     
ダイヤピアスダイヤピアス| 耳元で輝くプラチナダイヤモンドピアス通販


税込8000円以上のお買い上げで送料無料

商品検索 こちら

税込8000円以上のお買い上げで送料無料