ココ・シャネルとシャネル パールネックレス

ココ・シャネル(1883年~1971年)の名言『モードを作るのではなくスタイルを作ったのです』。彼女は20世紀を自由に生き、チャレンジし、人生の成功者となった女性。元々は帽子デザイナーのココ・シャネル。この帽子とジャケットとスカートのスーツスタイルにパールネックレスを唯一のアクセサリーとして調和させました。


ココ・シャネルのホワイトパール

ココ・シャネルとパールネックレスの調和は、彼女自身がシグネチャーとして愛用していたことで有名です。避暑地や仕事場やショーの最中でも、生涯飽くことなく身に着けていました。そのホワイトパールは、一連、三連そして六連の常に大きなホワイトパールが彼女自身を飾り、ショーのモデルにもつけさせることで市場を作っていったといわれています。そして、ショーを見に来る顧客やモード記者たちも競ってパールをつけたといわれています。

黒のプルオーバーやツイードのスーツ、真っ白の絹のブラウスとありとあらゆる物にパールネックレスは似合ったようです。そして、ココ・シャネルとシャネル・スーツとパールネックレスは一体化していきました。また、本物とそうでないものをミックスしてつけたことも当時の女性たちに勇気を与えたといわれています。



税込8000円以上のお買い上げで送料無料

商品検索 こちら

税込8000円以上のお買い上げで送料無料