つける時のポイント

一連のパールネックレスは、日本の女性にとって、冠婚葬祭の必需品となっています。特に悲しみの席ではほとんどの女性が唯一つけるジュエリーとなっています。海外のケースでは、むしろ華やかなジュエリーとして位置づけられています。


さまざまな行事につけるジュエリー

海外においてパールネックレスを代表とするパールジュエリーはファッションとしての華やかなイメージが一般的です。よって、パールを喪服(もふく)につけるという意識はありません。


あこや真珠はさまざまな行事につけることができますのでまだ良いですが、黒蝶真珠だからといって喪のジュエリーというのは間違った認識となります。黒っぽいジュエリーですので、喪服に良く似合うのですが、それだけに限ってしまうともったいないです。黒蝶真珠は、カクテルドレスや昼間のスーツなどにも合わせる女性が増えています。


また近頃人気が出ているのが南洋真珠です。珠のサイズが大きく、1粒が20mmにもなるのがありますので、他のパールネックレスとも違い見栄えがします。そして、パールネックレスは、1つといわずいろいろと揃えると装いが楽しくなる不思議なジュエリーです。





税込8000円以上のお買い上げで送料無料

商品検索 こちら

税込8000円以上のお買い上げで送料無料