×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



パールネックレスの真珠の大きさ選び比較

 パールネックレスの真珠の大きさを選ぶときのちょっとした基準をご連絡いたします。真珠の大きさは、その方の身長や首の長さなどの視点で選んでいくと個性的なあなただけのパールネックレスを見つけることができます。



真珠の大きさ選び基準

 日本を代表するあこや真珠。そのあこや真珠ネックレスの真珠の大きさは6.0mm台~9.0mm台となります。他にも、2.0mm台からの小型の真珠となる、ベビーパールもあります。真珠の大きさを決める重要な要素は、年代、身長、体型と言われています。


年 代

 年配だから大きな真珠で、若いから小さい真珠などということでは決してありません。ただし、お若い方で見るからに豪快で見るからに高価な大粒真珠をするのも、少し落ち着きすぎて見えるかもしれません。また、年配の方は比較的大粒の真珠をお持ちの方が多い傾向にありますので、少し小さい真珠ですと物足りなさを感じると周りの方々は思うことが多いと言われています。


背 丈

 155cmくらいまでの比較的小柄には、真珠の大きさとして6.5mm~7.5mm台が一般的と言われています。また、165cmくらいまでの方は、7.5mm~8.0mm台の大きさ。比較的背丈が高めの方には、8.0mm以上が良いと言われています。ただし、こちらは一般論です。大きさの要素の他に色やパールネックレスの長さの要素もございます。そして、価格面もございますので、背丈の面ではお好みと予算との兼ね合いを考慮するのが良いのかもしれません。


体 格

 普通体格の方は、上記背丈の箇所をご参考にいただければ幸いです。細身の方や首周りが細い方や肩幅が狭い方は、あまり大きすぎる真珠ですと、真珠ばかり目立つ傾向があります。その大きさの目安は8.5mm以上です。また、長さに関しても短目の方が良いと言われています。

ふっくらされている方にとっては、真珠の大きさは比較的大きい方が良いといわれています。また、長さについても少し長めの方が似合うと言われています。




税込8000円以上のお買い上げで送料無料

商品検索 こちら

税込8000円以上のお買い上げで送料無料