×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日用品通販 情報袋 RSS

真珠宝石の情報袋



ジュエリー通販で見かける『あこや真珠』のこと、ご存知ですか?あこや真珠は阿古屋貝の中にある珠、その珠を真珠とよびます。ここではあこや真珠とともにとても貴重で高価とされる『花珠』など、パールネックレスを構成する上でとても大切な真珠の数々についてご紹介いたします。冠婚葬祭でのパールネックレス、はたまたお子様への贈り物、または大切な方への愛に満ち溢れたギフトとして、この真珠宝石の情報袋をご購入前の豆知識としてご活用いただけたら幸いです。


あこや真珠の情報袋
日本の真珠を代表するあこや真珠は、あこや貝と呼ばれるウグイスガイ科の二枚貝より生まれ育ちます。このあこや貝は日本において真珠の養殖に使われている真珠母貝のほとんどを占め、世界中で高額で取引されています。この貝は真珠の中でもテリやキメの細かさでは一番優れているといわれています。

花珠真珠の情報袋
花珠は、日本国内で養殖される真珠の内、特に品質が良く、非常に出現率の低い、とても貴重できれいな真珠のことを示します。海から引き揚げた貝から取り出したばかりの珠の中にとび抜けて綺麗なものが入っていることがあります。その珠を『花珠』と呼びます。また、真珠の浜揚げ珠の一級品入札会では、その浜揚げされた『花珠』が含まれているロットか否かが価格決定に影響を与えます。生産者が「今年は花珠がでた!」といえば、真珠のできがよかったということになります。

淡水真珠/淡水パールの情報袋
イケチョウガイやカラス貝といった、淡水の貝の中に出来る真珠は淡水パール(淡水真珠)と呼びます。現在の淡水パールのほとんどは養殖による珠となります。この真珠は養殖の際に母貝内に外套膜片のみを挿入、核を挿入しないことから真珠が真円には育たずライス型やドロップ型といったさまざまな形状が得られます。その色も、オレンジや紫など多岐にわたる。淡水パールのうち、粒が小さく安価なものはビーズとして使用されます。

池蝶真珠/池蝶パールの情報袋
池蝶真珠は、淡水に生息する貝の中でイシガイ科に分類される大型の二枚貝となります。淡水で生息する池蝶貝、池蝶パールネックレスは、母貝の珠をつなげあわせていくことでジュエリーとしてのネックレスとなっていきます。この池蝶貝は、琵琶湖や霞ヶ浦の特産として有名真珠/パールとなります。


バロック真珠(baroque)
洋梨のような形のバロック真珠。こぼれ落ちる涙の粒にも見たてられます。この粒を小さな真珠とよんだのは、古代中国。涙型の真珠が一般的だったことを示します。英語のパールは、中世ラテン語のピルラ(洋梨)が語源となります。ここからも、かつての真珠の形はこの形が多かったことが解ります。


黒真珠(黒蝶真珠)ネックレス
黒蝶真珠(クロチョウ)は黒蝶貝(クロチョウガイ)から生まれた真珠となります。黒真珠とも呼ばれています。珠の色は、真っ黒のものから緑がかった珠から赤色がかった珠があります。逆にシルバーグレーや青みの掛かった色の珠は、黒蝶真珠ではなく、あこや貝の青みの掛かった珠となります。




     
ダイヤピアスパールネックレス| 受け継がれるパールネックレスの贈り物


税込8000円以上のお買い上げで送料無料

商品検索 こちら

税込8000円以上のお買い上げで送料無料